東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

デジタル
サービス局

デジタルの力を活用し、
都政のQOSの向上を実現していく

デジタルサービス局

事業概要

デジタルサービス局は、デジタルを活用した都政のQOSを飛躍的に向上させる旗振り役・牽引役として令和3年4月に新設されました。①各局・区市町村のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を技術面からサポート、②デジタルに関する全庁統括、③デジタル人材の結集と都庁職員の育成の3つの機能を中心に、デジタルガバメント・都庁の実現に寄与していきます。

1.行政手続のデジタル化・区市町村への展開

都民や民間事業者にとって、最も一般的な都庁の「接点」のひとつである行政手続の利便性向上と事務処理の効率化を図るため、都の行政手続の原則デジタル化を計画的に推進していきます。また、都のみならず、区市町村を含めた行政全体のデジタル化の底上げを推進するための取組を行っています。具体的には、最新のICTに関する知識習得を目的とした区市町村職員向け勉強会、ICTの専門的知見を有する課長等の職員が技術相談を行うICTアウトリーチ相談事業、行政手続デジタル化のノウハウの向上・共有を促進する行政手続デジタル化モデル事業等を実施しています。

2.デジタル人材の確保・育成及びデジタル関連経費把握・分析

都政のDX推進を支えるデジタル人材の確保策や活用策の検討のほか、都職員に必要なデジタルスキルの向上に向けて、研修等の企画立案を行っています。デジタル系の職員とその他の職員がそれぞれの強みを発揮し、コラボレートしていくことで、都庁組織全体のレベルアップを図っていきます。
また、適正な費用で、デジタル技術を用いた情報システム導入などの効果を最大化するために、庁内に存在する情報システムなどに関する経費の情報を横断的に把握・分析し、庁内に対して様々な支援を行っています。

3.都政の構造改革

DXを梃子として、制度や仕組みの根本まで遡った「都政の構造改革」を推進するため、「スピード」「オープン」「デザイン思考」「アジャイル」「見える化」を改革のキーワードとして、「シントセイ 都政の構造改革QOSアップグレード戦略」(令和3年3月策定)に示す7つのコア・プロジェクトなどの取組を進めています。これらの取組推進により、都政のQOS(クオリティ・オブ・サービス)を向上させることで、都民のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を高めることを目指します。また、行政運営における公正の確保と透明性の向上、都民の権利利益保護や都政のQOS向上の観点から、行政手続及び業務改革に係る企画及び指導も行っています。

シン・トセイ 都政の構造改革QOSアップグレード戦略

シン・トセイ 都政の構造改革
QOSアップグレード戦略

4.スマート東京実現に向けた先端的な事業の推進

スマート東京を実現し、都民のQOLを向上させるための事業として、都心部の3か所において、様々な主体が保有・提供するデータやサービスの連携を促し、より便利な生活の実現等につなげる都市OSの構築に向けた取組を行っています。また、データを活用した早期社会実装の取組として、ウェルネス分野と呼ばれる健康・医療分野において、新たなサービスの導出と社会実装を促す取組を行っています。
加えて、先端的な事業の推進のため、スタートアップの提供する先進的なプロダクトを活用して、労働人口減少等の様々な都政課題の解決につなげる取組、日本の高い基礎研究力を活かせる創薬分野での新たなイノベーションの創出に向けた取組、・世界的に熾烈な競争が予想される自動運転技術を活用したサービスを、世界に先駆けて社会実装を目指す取組等を行っています。

自動運転車両実証実験

自動運転車両実証実験

5.各局のデジタル活用・導入サポート

都民サービスの向上を図るため、各局が行うDX推進に向けた取組(「シン・トセイ 都政の構造改革QOSアップグレード戦略」で示す各局リーディング・プロジェクトを含む)について、企画、事業実施、改善等の各プロセスで、相談対応や技術的なサポートを実施するとともに、各事業で共通に活用できるデジタルサービス基盤を提供し、都庁のデジタル活用、DXを加速させていきます。

東京版新型コロナ見守りサービス

東京版新型コロナ見守りサービス

6.データ利活用の推進

デジタルテクノロジーの力を活用して、都民がより快適に過ごせる社会、「スマート東京」の実現に向けた取組を行っています。具体的には、様々なデータを集約する官民連携データプラットフォームの構築に向けた取組や、センサー等から取得した現実空間の情報をサイバー空間上に「双子」のように再現するデジタルツインの実現に向けた取組を進めています。
また、オープンデータの利活用を促進するため、行政が保有するデータを積極的に公開し、シビックテックや企業等がオープンデータを活用して新たなサービスを創出することで都民のQOL向上につながるよう、官民協働スタイルを構築していきます。

デジタルツインイメージ図

デジタルツインイメージ図

7.TOKYO Data Highway

世界最高のモバイルインターネット「TOKYO Data Highway(TDH)」を21世紀の基幹インフラ「電波の道」として整備し、いつでも、誰でも、どこでも、なんでも、何があっても「つながる東京」の構築に向けて、令和2年2月に「スマート東京実施戦略」を公表しました。TDHを基盤に、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出し、QOSを向上させることで、都民が質の高い社会生活を送ることができる東京版Society 5.0である「スマート東京」を実現していきます。
TDHの構築に向け、通信事業者等によるアンテナ基地局設置を後押しするため、都の保有するアセットの開放を進めるとともに、都内区市町村や全国の自治体、民間事業者との連携を促進し、東京だけでなく日本全体の持続的成長につなげていく取組を進めていきます。

スマート東京実施戦略

スマート東京実施戦略

8.庁内デジタル基盤の整備

デジタルの力を活用した都政のQOS向上や、デジタルガバメント・都庁の実現に向け、都の情報システムを支える庁内ネットワーク及び基盤システムの運用・保守・運用管理や、情報システム等に係る企画、調整を行っています。

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

デジタルテクノロジーで東京の未来を描く 松下 謙太 デジタルサービス局 戦略事業部 特区・戦略事業推進課 【事務】2009年入都 教育学研究科

※所管事業は現在デジタルサービス局にて
行っています。  令和2年12月時点

入都動機・きっかけ

広く人の役に立つ仕事がしたいと思い、公務員を目指しました。国や他自治体とも悩みましたが、東京都は、都市の経済的な大きさや人口の多さに伴う政策の幅広さやダイナミックさと同時に、数々の現場を抱えていることにより魅力を感じていました。現場で働き、現場を知り、それを政策に反映させることで、人々にサービスが行き届く仕事をしたいと思い、東京都を志望しました。

松下 謙太

今の部署の仕事について

松下 謙太

東京都では、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート東京」の実現に向け、先端技術等を活用した分野横断的なサービスの都市実装を目指しています。私の所属する部署では、この取組を推進していくため、都内の先端技術等が集積するエリアの方々と共に、リアルタイムデータ等の蓄積・活用を可能とするデータ連携基盤である都市OSを実装するためのプロジェクトを行っています。「スマート東京」の実現によって都民のQOL向上を目指すにあたっては、具体的にどのようなデータやサービスが求められているのか、実現にあたってはどのような制度的な課題があるのか、産官学で検討しながら、事業を推進することが私たちの役割です。

印象的だった仕事のエピソード

現在私たちの進めている事業について、国内の様々な自治体や企業等から問合せやセミナー登壇の依頼があります。さらに国内だけでなく、海外の公的機関等からも興味関心を持っていただき、情報発信をさせていただいています。作成する資料の数は多く、いかにわかりやすく伝えるか頭を悩ませますが、チーム一丸で取り組み、事業への理解をいただいています。このことは、地域特性を活かしたデータ駆動のまちづくりモデルの先進性はもとより「スマート東京」という東京の描く未来についての人々の関心の高さを強く感じることができ、印象的でした。

松下 謙太

働いて実感する魅力と
やりがい、将来像

私は元々、教育分野に関心を持って都庁に入り、しばらくは学校教育に関わる仕事をしていました。そういう経歴の私が、教育分野の次に配属されたのが現在のデジタル分野の部署です。東京都は、様々な分野の局を抱え、それまでとは違う仕事にもチャレンジをさせてくれるような組織です。勉強しなくてはならないことは多々ありますが、上司からの支援・指導をいただきながら、視野を広く持って様々な仕事にチャレンジができることは大きなやりがいです。これからも、幅広い政策分野を視野に入れ、仕事ができるよう努めていきたいです。

ある1日の流れ

テレワークで勤務開始
メールチェックや、当日の打合せなどのスケジュール確認

外部のセミナーや内部報告用の資料作成

上司とオンラインでミーティング

昼食及び出勤

民間事業者とのミーティングの準備
資料投影のディスプレイや、投影資料などをチェック

民間事業者の方々とミーティング
事業の取組方針について打合せ

国の関係部署の方々とミーティング

上司とのミーティングを踏まえて作成資料を修正

退庁

卒業後からの経歴

2009年
入都
教育庁 東京都立忍岡高等学校 経営企画室
学校経営に関する事務
2012年
教育庁 東部学校経営支援センター 管理課
都立学校で勤務する教員の給与支給等に関する事務や、
都立学校で必要とする備品等の契約に関する事務
2017年
教育庁 総務部 教育政策課 予算担当
教育行政にかかる予算の編成・執行等に関する事務
2020年
戦略政策情報推進本部 戦略事業部 特区・戦略事業推進課 先端事業推進担当
「スマート東京」の実現に向けたプロジェクト推進に関する事務