東京都職員採用

都庁の仕事
(各局紹介)

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

水道局

首都東京のライフラインを
預かる企業として、
世界に先駆けた取組を行っていく。

水道局

事業概要

水は、日々の生活にも都市の活動にも欠かすことのできない、重要なライフラインです。私たち水道局は、「安全でおいしい高品質な水を安定的に供給すること」を使命に、24時間365日、絶えることなく水道水を作り、お客さまのもとへ届けることで約1,360万人の都民生活と首都東京の都市活動を支えています。

【水道事業の規模】

  • 水道水をお届けしている人数…1,364万人(日本の人口の約9分の1)
  • 給水契約をしている件数…約782万件(全国の給水件数の約8分の1)
  • 水道水源林…24,294ヘクタール(東京ドーム約5,200個分)
  • 水道管路…27,265キロメートル(地球の約3分の2周分)
  • 1日平均配水量…約422万㎥/日(東京ドーム約3.4杯分)
  • 水道局職員数…技術職員2,045人、事務職員1,332人
  • 電力使用量…約8億キロワットアワー(都内の電力使用量の約1%相当)
  • 令和元年度決算規模(支出額ベース)…約4,436億円
  • ※東京ドームの面積:46.755平方メートル、容積:約124万立方メートル
水道工事の様子

水道工事の様子

【お客さまとの信頼で築く強靭な東京水道】

1.強靭で持続可能な水道システムの構築
安全でおいしい高品質な水を安定して供給するとともに、様々な脅威への備えに万全を期すため、水道システムの強靭化を推進していきます。
切迫性が指摘されている首都直下地震や、近年頻発する大型台風や局地的大雨などの風水害への備えのため、導水施設の二重化、管路や施設の耐震化、浄水施設の覆蓋化、河川を横断する管路の地中化、自家用発電設備の新設・増強など、災害発生時にもお客さまへの給水を可能な限り確保できるよう対策を進めています。また、都独自の水質目標を設定し、最高水準の水質管理を目指して水源から蛇口に至るまで徹底した水質管理を行うことで、日々おいしい水を届けています。

抜け出し防止機能が付いた耐震継手菅

抜け出し防止機能が付いた耐震継手菅

2.お客さまとつながり信頼される水道の実現
お客さまからの信頼を得られる事業運営を進めるため、広報・広聴活動の推進や業務の効率化でサービスの向上に取り組んでいきます。
お客さまの理解と共感の最大化を図るため、ホームページ・SNSの情報発信や学校への出前授業(水道キャラバン)、営業窓口からお客さまへの地域水道ニュースの発行など様々な媒体を用いた広報を行い、お客さまの意見の把握にも努め、サービスの向上に取り組んでいます。また、スマートメータの導入、お客さま総合アプリ(仮称)の導入をはじめとするデジタル化の促進により、お客さまが時間や場所を問わずに各種手続やサービスを利用できるよう取組を推進していきます。

3.東京水道を支える基盤の強化
都の広域水道としての一体性と責任を確保し、健全な経営を維持するため、グループ経営の推進、水道事業を支える人材の育成などを進めるとともに、不断の経営努力に努めます。
水道局では、水道事業の基幹的業務を局と政策連携団体で担う一体的事業運営体制の構築を推進するとともに、これまで培ってきた技術を着実に継承し、次代を担う人材を計画的に育成していくため、グループ一体となって人材育成の取組を推進しています。また、これまで培ってきた技術力やノウハウを活かし、国内水道事業体の事業運営への貢献や、途上国の諸都市の水道事情の改善等の国際展開を推進していきます。

訪日研修の受け入れ

訪日研修の受け入れ

都庁の仕事:7分野

すべて
福祉・保健医療
産業・労働・経済
環境
教育・文化
都市づくり
財政・税務
その他

各アイコンを選択すると絞り込みができます

CONTENTS

人を知る

職員紹介

水道=生活を支え続ける 新谷 仁美 水道局 浄水部 浄水課 【環境検査】 2015年入都 生命理工学部

平成30年12月時点

入都動機・きっかけ

新谷 仁美

公務員の家族が、公のために、時には休日や昼夜を問わず働く姿にはプラスのイメージがありました。そのため、学生時代から人の生活に役立つ仕事がしたいと考えていました。
東京都を選んだ決め手は、都だからこそできることの幅広さを感じたからです。
職員採用ホームページ等で各局の事業や先輩職員の体験談を読んで、技術職として専門性を活かしながら様々な面から都民の生活を支える仕事に携われると想像できました。

今の部署の仕事について

安全でおいしい水の安定供給のため、水質に関する業務全般に従事しています。

① 水質に関する課題解決のため、大学との共同研究を担当しています。大学関係者との調整や研究成果の取りまとめなどを行っています。
② 専門分野の知識を活かし、浄水処理に影響を与える生物に関する調査研究に携わっています。
③ 水質検査で取り扱う薬品の適正管理に必要な安全衛生法、PR用ペットボトル「東京水」の製造に関係する食品衛生法など、業務で必要な法令等について把握し、法令遵守に努めています。
④ 水質検査や水質監視を行っている水質センター、浄水場等と連絡調整し、問題が起こった場合も迅速に対応できるよう努めています。

印象的だった仕事の
エピソード

水道は地域に密着したサービスです。一方で、東京都では一都五県を流れる利根川水系の河川を水源として水道水をつくっていることから、広範囲にわたる流域の水道事業体との連携が欠かせません。
そのため、東京都が会長となり、同じ水源を利用する水道事業体で利根川・荒川水系水道事業者連絡協議会を立ち上げて、国への要望活動、事業体間の情報共有、水質事故を想定した訓練などに連携して取り組んでいます。
このように自治体の枠を超えた組織の活動では、東京都がリーダーシップを発揮することが多くあります。

新谷 仁美

学生時代の専攻や勉強はどう活きているのか

学生時代は生命科学を専攻し、生物と化学について広く知識を学んでいました。
環境検査職として働く上で、学生時代に培った知識や経験は非常に役に立っています。
水道局では水質に応じたきめ細かな浄水処理、水質基準をはじめ200項目以上の水質試験、水質事故時の迅速な対応、調査研究など、水質に関する幅広い業務を行っています。
生物や化学の基礎を学んだ上で、業務に必要な知識及びスキルを研修や先輩職員からのOJTで新たに身に着けることによって、高い技術力を必要とする業務への理解を深めることができました。

働いて実感する魅力と
やりがい、将来像

新谷 仁美

原水水質の悪化や突発的な水質事故が起こる中で、常に安定して高品質な水をつくり続け、都民の生活を支える業務は、難しい課題もありますが非常にやりがいを感じています。また、都は事業規模、技術レベルともにトップレベルであり、最新の技術を取り入れた調査研究で専門性を活用することもできます。
想定外の状況であっても安全でおいしい水の安定供給という使命を達成し続け、都民の皆様が安心して生活できるよう、自己研鑚に努め、どんなことにも対応できる能力を育てていきたいと考えています。

ある1日の流れ

出勤
メール、回覧される論文、新聞などをチェックし、情報収集

担当内のショートミーティング
一日の仕事や連絡事項を確認

会議に出席し大学との共同研究について進捗状況を報告
出席者の意見を参考に今後の予定を検討

事業所と局内の研究報告会について連絡調整

当日の水質・浄水処理について浄水場に問合せ上司に状況を報告

業務委託関係の書類作成

退勤

卒業後からの経歴

2015年
入都
水道局 水質センター 検査課 生物係(現生物検査担当)
細菌、プランクトン、原虫類等生物に関する検査及び調査
2018年
水道局 浄水部 浄水課 水質担当
大学共同研究、薬品管理、各事業所との調整等の事務